【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 2018.09.25|家族を巻き込む心理戦。

223

現地時間9月25日、コロラド州デンバーにあるペプシ・センターにて『スマックダウン・ライブ』が開催された。

“ミズTV”ならぬ”トゥルースTV”

番組の冒頭を飾るのは”ミズTV”ならぬ”トゥルースTV”。カーメラを相棒とするRトゥルースがホストを務め、ゲストにはダニエル・ブライアンが加わった。そんな中、不満げな様子で登場したのはザ・ミズ。彼はRトゥルースやザ・ミズとの口論を繰り広げた。そして、『スーパー・ショーダウン』でダニエルと対戦するザ・ミズは、勝つためには手段を選ばないと主張した。それが彼とダニエルの違いのようだ。

ザ・ミズ、Rトゥルースに勝利

ザ・ミズ対Rトゥルース(w/ カーメラ)
番組冒頭の争いはそのまま試合へ。実況席にはダニエル・ブライアンが加わった。互いに互角の試合を続ける中、勝利を掴んだのはザ・ミズ。スカルクラッシング・フィナーレを放った後、ダニエルばりのランニング・ニーを決めて勝利を収めた。
勝者: ザ・ミズ

シェイマス、ビッグ・Eを相手に勝利

ビッグ・E(w/ エグザビアー・ウッズ、コフィ・キングストン)対シェイマス(w/ セザーロ)
本日2試合目にはシングルマッチが行われた。試合が進む中、ビッグ・Eのパワーボムが炸裂。流れを掴んだ彼は、ビッグ・エンディングを狙うも、これを回避したシェイマスはブローグ・キックを決めて勝利を収めた。
勝者: シェイマス

ルセフを襲撃したエイデン・イングリッシュが現る、”ミルウォーキーの一夜”とは

リングに登場したのはルセフとラナ。彼らはルセフを襲撃した理由を問いただす為、元相棒のエイデン・イングリッシュを呼び出した。エイデン曰く、理由はルセフではなく全てラナにあるようで、彼はラナを必要としていない。そして、エイデンはラナに対して「あのミルウォーキーの一夜についてルセフに話すのか?」と言い、その場を後にした。彼がいう”ミルウォーキーの一夜”とは…。

アスカ&ナオミ、勝利を掴む

アスカ&ナオミ対ソンヤ・デヴィル&マンディー・ローズ
本日3試合目はタッグチームマッチ。ジ・アイコニックスが実況席についた。試合を制したのはアスカ&ナオミ。最後はアスカとナオミのダブル・キックが決まり、アスカが3カウントを奪った。
勝者: アスカ&ナオミ

ランディ・オートンが乱入、試合をぶち壊す

シンスケ・ナカムラ対タイ・デリンジャー
本日4試合目にはUS王者シンスケ・ナカムラが登場。タイ・デリンジャーとのシングルマッチに臨んだ。試合が進む中、乱入したのはランディ・オートン。彼はデリンジャーを激しく攻撃し、試合をぶち壊した。
勝者: タイ・デリンジャー(反則裁定)
オートンが去った後には、シンスケもデリンジャーを攻撃。キンシャサを放ちその場を後にした。

スマックダウン女子王者がラナを下す

ベッキー・リンチ対ラナ
本日のメインイベントは女子によるシングルマッチ。スマックダウン女子王者がラナとの一戦に臨んだ。ラナも王者を相手に健闘するも、ベッキーはベクスプローダーからのディス・アーム・ハーを決めて勝利を収めた。
勝者: ベッキー・リンチ

止まらぬ心理戦。サモア・ジョー、AJスタイルズの自宅へ

最終セグメントにはWWE王者AJスタイルズが登場。『スーパー・ショーダウン』で行われるWWE王座戦に向けて調印式が行われる予定だったが、対戦相手のサモア・ジョーはその場に現れず。スクリーンに映し出されたジョーは、AJの自宅を訪問。彼がチャイムを鳴らし「パパのお帰りだ」と言うと、番組は終了した。