リヴ・モーガンが負傷、『RAW』で行われた試合中に退場。

589

WWEは現地時間9月24日、コロラド州デンバーにあるペプシ・センターにて『RAW』を開催。番組内で行われた6人タッグチームマッチ(ライオット・スクワッド対ベラ・ツインズ&ナタリア戦)に出場したリヴ・モーガンが、試合中に退場した。

試合中、ブリーのYESキックを通常よりも高い位置(胸ではなく頭部)で受けたリヴは、その場に崩れ落ちた。その直後にブリーはカバー。彼女は3カウントを逃れようとなんとか返したが、異変を察知したブリーはリヴを交代させようとする動きをみせた。

リヴはルビー・ライオットへの交代後も試合に残ったが、相手チームのトリプル・スープレックスを受けた後に退場。RAW実況・解説チームによると、彼女は診察を受ける為に舞台裏へと戻った。

PW Insiderによると、リヴは脳震盪を起こした可能性があるとして検査を受けている模様。現時点においてそれ以上のことは不明だが、彼女は10月6日開催『スーパー・ショーダウン』にて、ライオット・スクワッドのメンバーと共に、ロンダ・ラウジー&ベラ・ツインズと対戦することが予定されている。