【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 2018.09.04|物語は続く。

271

現地時間9月4日、ミシガン州デトロイトにあるリトル・シーザーズ・アリーナにて『スマックダウン・ライブ』が開催された。

ダニエル・ブライアンとブリー・ベラ、ザ・ミズとマリースを呼び出す

番組冒頭に姿をみせたのはダニエル・ブライアンとブリー・ベラ。彼らは抗争を繰り広げるザ・ミズとマリースを”臆病者”であると挑発。そしてザ・ミズとマリースをリングへ呼び出すも、インタビュアーを務めたルネ・ヤングは、彼らが会場にいないことを伝えた。そんな中、アンドラーデ”シエン”アルマスとゼリーナ・ベガが登場。アンドラーデ対ダニエル戦が行われることが決定した。

ダニエル・ブライアン、アンドラーデ”シエン”アルマスに勝利

ダニエル・ブライアン対アンドラーデ”シエン”アルマス
本日1試合目は番組冒頭に決定したシングルマッチ。両者白熱した試合を繰り広げる中、好機を掴んだのはダニエル・ブライアン。強烈なランニング・ニーを決めて勝利を収めた。
勝者: ダニエル・ブライアン
試合後、ブリー・ベラはゼリーナ・ベガを攻撃。そんな中、ザ・ミズとマリースの姿がスクリーンに映し出された。彼らはダニエルとブリーに対し、『ヘル・イン・ア・セル』では再び恥をかかせるてやると挑発した。

アスカ、ジ・アイアコニックスの攻撃を受けるナオミを救い出す

■ナオミ対ペイトン・ロイス(w/ ビリー・ケイ)
本日2試合目には抗争を続ける両者のシングルマッチが行われた。試合を制したのはナオミ。最後は3セット・フリップを決めて1、2、3。ナオミが3カウントを奪った。
勝者: ナオミ
試合後、ジ・アイコニックスはナオミを攻撃するも、アスカが登場。彼女はビリーとペイトンの両者を一蹴し、ナオミを救い出した。

ベッキー・リンチ、『ヘル・イン・ア・セル』にてスマックダウン女子王者シャーロット・フレアーに挑む

抗争中のスマックダウン女子王者シャーロット・フレアーとベッキー・リンチは、互いに離れた場所から口論を繰り広げた。セグメント終了後、『ヘル・イン・ア・セル』で両者の一戦が行われることが正式に決定。同試合はスマックダウン女子王座を懸けた戦いとなる。

AJスタイルズとサモア・ジョー、乱闘を開始

リングにはサモア・ジョーが登場。彼はAJスタイルズの妻ウェンディーに語りかけ、またしても心理戦を展開した。そんな中、AJが姿を現すと両者は乱闘を開始。AJは周囲の制止を振り切り、ジョーを攻撃。GMを務めるペイジも現れ、彼女がなんとかその場を収めた。

ルセフ&エイデン・イングリッシュ、スマックダウン・タッグチーム王座挑戦に一歩近づく

ジ・ウーソズ対サニティー対ルセフ&エイデン・イングリッシュ
本日3試合目にはスマックダウン・タッグチーム王座挑戦権獲得を目指す3チームによる戦いが行われた。全軍入り乱れる激しい戦いの中、好機を掴んだのはルセフ。エイデン・イングリッシュの見事なアシストもあり、最後はエリック・ヤングへのマチカキックを決めて勝利を収めた。ルセフ&エイデンはスマックダウン・タッグチーム王座挑戦権を懸け、来週にもザ・バーと対戦する。
勝者: ルセフ&エイデン・イングリッシュ

主役はダニエル・ブライアンとブリー・ベラ

ザ・ミズ(w/ マリース)対Rトゥルース(w/ カーメラ)
本日のメインイベントはシングルマッチ。両者白熱した試合を繰り広げる中、好機を掴んだザ・ミズはスカル・クラッシング・フィナーレを狙うも、突如としてダニエル・ブライアンの入場曲が会場に鳴り響き、これに気を取られたザ・ミズは丸め込まれて敗北を喫した。
勝者: Rトゥルース
試合後すぐにダニエルがリングに上がりザ・ミズを攻撃。そしてブリーもマリースを追い詰めていった。するとアンドラーデ”シエン”アルマスとゼリーナ・ベガが姿をみせ、ダニエルとブリーを攻撃。ザ・ミズとマリースはその隙に難を逃れるも、アンドラーデとゼリーナはダブルYESロックを決められ返り討ちにあった。