ジェサミン・デューク、イオ・シライの2人がNXTデビューを果たす。

699
(左: シェイナ・ベイズラー、中央左: ジェサミン・デューク、中央右: マリーナ・シャフィール、右: ロンダ・ラウジー)

MMAフォー・ホースウィメン最後の1人、そしてあの日本人スーパースターが遂にNXTのリングに。

WWEは現地時間8月25日、米フロリダ州ラーゴにてNXT LIVE(ハウスショー)を開催。ジェサミン・デュークとイオ・シライが同時にNXTデビューを果たした。

ジェサミンはMMAフォー・ホースウィメンのメンバーであるシェイナ・ベイズラー、マリーナ・シャフィールと組み、6人タッグチーム・マッチに出場した。同試合にはイオも出場。彼女はNXT女子王者カイリ・セイン、ディオナ・プラゾと組むも試合に敗れた。

NXTデビュー戦を終えたイオは、自身のTwitterに試合後の感想を投稿。カイリとの2ショットを添えて「遂に…私達が繋がった。カイリ・セインとイオ・シライのタッグ..胸が熱くなりました!!!!」と綴った。

NXTデビュー戦を勝利で飾ったジェサミンは試合前、「いくわよ、NXTラーゴ。私達がきたわ」と自身のTwitterに綴っていた。今回NXTデビューを果たしたジェサミンとイオの今後の活躍に期待したい。