王座移動発生、新スマックダウン・タッグチーム王者ニュー・デイが誕生。

190

WWEは現地時間21日、米ニューヨーク・ブルックリンにあるブルックリン・センターにて、『スマックダウン・ライブ』を開催。ブラジオン・ブラザーズ(ルーク・ハーパー&エリック・ローワン)を破ったニュー・デイ(エグザビアー・ウッズ&コフィ・キングストン)が、新スマックダウン・タッグチーム王者に輝いた。

反則裁定なしのルールで行われたスマックダウン・タッグチーム王座戦は、テーブル、ラダー、チェアーが使用される激しい戦いとなった。王者チームが持ち前のパワーを遺憾なく発揮し、ニュー・デイにとって苦しい展開が続いたが、最後はエグザビアーがテーブル上に横たわるハーパーめがけて、トップロープからのダイビング・エルボーを決めて勝利を収めた。

ニュー・デイがタッグチーム王座を獲得したのはこれで5度目。スマックダウン・ブランドに限れば、3度目となった。ニュー・デイは2017年10月、ジ・ウーソズに敗れ当時保持していたスマックダウン・タッグチーム王座陥落。今回およそ10ヶ月ぶりに返り咲いた。