WWE=ドルフ・ジグラー、デートのドタキャンに相手は怒りのビデオ投稿。

845

※このニュースは女性側の証言のみによるものであり事実を裏付けるものではありません。

この話の登場人物はWWEスーパースターのドルフ・ジグラーと彼女のデート相手とされる人物、トリーシャ・ペイタスというYouTuberである。話を要約すると彼女はドルフ・ジグラーにデートをドタキャンされたことに怒り、YouTubeにビデオメッセージを投稿。その内容はWWEユニバースを侮辱する内容であった。その後、WWEユニバースから彼女に対し批判の声が寄せられ、それに対するビデオメッセージを再度投稿した。

「まず、私はファンじゃないの。レスリングが嫌いだし、だってバカらしくて退屈でしょ。レスラーは皆んな、SNSで私をフォローするの。ジグラーもその一人ね。本当にウザイ奴ばっかり」

更に彼女が過去に「プロレスはフェイク」とコメントしたことに対し、ファンからインスタグラム上に誹謗中傷が寄せられた件について言及。

「もうね、分かってるでしょ。あなた達の”WWEヒーロー”は私とヤりたいわけ。私はクレイジーなビッチって自分で分かってるわよ。だけどそれでも奴らは私とヤりたいわけ。だって、最初にジグラーを侮辱したビデオを投稿した後にもいろんなレスラーからダイレクトメッセージが来たわ。既婚、未婚問わずね」

最終的に彼女が言いたいことは以下の通り。

「何が言いたいってレスリングはフェイクなの。それはいいわ。映画だってフェイクだし、私の体もフェイクよ。皆楽しんでくれるけどね。フェイクって別にダメなことではないのよ。私はちょっと騒いじゃったかもしれないけど、あんた達は過剰に反応しすぎね。WWEは金儲けしか考えてないわよ」

最後の最後までWWEユニバースに対し悪態をついた彼女の動画コメント欄は、もちろん批判的な声が多く集まった。

[Source: Wrestling Inc]