ジュース・ロビンソン、WWE復帰の可能性について言及。「絶対に戻らねえよ。」

2310

現IWGP US王者ジュース・ロビンソン。Wrestling Observer Newsletterは先日、WWEが彼との契約に非常に興味を示していると伝えた。

ロビンソンは過去にFCWを経て、WWEのNXTブランドに所属。当時はCJパーカーの名で活動していた。しかし、彼はWWEに契約解消を申し出、団体側はこれを承諾。2015年4月3日にWWEを退団した。

ロビンソン本人はWWE復帰の可能性について言及。彼曰く、WWEに戻ることは絶対にないようだ。「俺は戻らねえ。絶対に戻らねえよ。コーディ・ローデスのような奴らがいればそれでいい。ケニー・オメガのような奴も、その他にもウィル・オスプレイのような奴もいる。”大物スターが、大物インディー・スターが!”。インディーだって?クソ喰らえ。奴らはスターなんだよ。俺はスターじゃないかもしれないが、そうなりつつあるんだよ。」

ロビンソンはWWEを退団後、2015年9月に新日本プロレスデビュー。2018年7月、米サンフランシスコにあるカウパレスにて開催された『G1 SPECIAL IN SAN FRANCISCO』では、IWGP US王座を奪取。アメリカ人初となる同王者に輝いた。