元WWEディーヴァズ王者ケイトリン、『メイ・ヤング・クラシック 2018』出場へ。

457

WWEは、元WWEディーヴァズ王者ケイトリンが復帰することを正式に発表した。彼女は今夏にも開催される女子トーナメント『メイ・ヤング・クラシック』に出場する。

『メイ・ヤング・クラシック』出場者が正式発表されたのは今回が初となった。今年で2回目となる同トーナメントは32名もの女子選手が招集される。その他の出場者に関しては、今後数週間のうちに明らかになる予定である。

ケイトリンは2010年7月、WWEと契約を交わしFCWへ。同年、TVシリーズ『NXT』シーズン3に出場し優勝。同シーズンにはナオミやAJ・リーらも出場していた。2013年1月、『RAW』20周年を祝う特別番組にて、イヴ・トーレスを相手に勝利を収め、自身初のディーヴァズ王座を奪取。その後、2014年1月にWWEを退団した。

2017年にはトレーニングを再開させ、2018年2月にはフロリダ州を拠点とする団体CCW(Coastal Championship Wrestling)主催の興行に出場。レイチェル・エラリングを相手に復帰戦を勝利で飾った。復帰前には「私の人生は浮き沈みもあったけど、もう一度レスリングを初めた時、再び生活により目的や情熱を感じることができたの」と、WVSNの取材を受けた際に復帰理由を明かしていた。

『メイ・ヤング・クラシック』は現地時間8月8日・9日、フロリダ州にあるフルセイル大学にてTV収録が行われる。収録の模様は、今夏中にもWWEネットワークで配信される予定となっている。