皆を魅了する、ザ・ロックの超絶マイクパフォーマンス。

1733

WWEスーパースターにしてハリウッドセレブでもある、ドゥエイン”ザ・ロック”ジョンソン。なぜ彼がここまで人を魅了するのかは、超絶旨すぎるマイクパフォーマンスもその理由の一つ。ここでロック様史上最もかっこいいパフォーマンスをご紹介。

2016年1月25日、RAW。7分間ノーカット、まさに至高。

ザ・ミズのスキットかと思いきや、ロック様が突如登場!「車止めといてよ」って自然にザ・ミズに頼むあたりがやはり様になってますね。ビッグ・ショーと懐かしい会話、ラナとの一夜の情事(?)を振り返ったり、あまり見ることのできないパット・パターソンも。スーパースターが入場するときに必ずくぐるカーテンのある神聖な場所、通称”ゴリラ・ポジション”も紹介。最後はお決まりの”Finally, The Rock has come back…home!!”(帰って来たぜ…古巣に!)

最初から最後まで突き抜けるようなパフォーマンスはまさにロック様の妙技。皆の王者、まさに圧巻。