ハルク・ホーガン、噂されるWWE復帰について反応。「本当に願っている」

500

WWE殿堂者ハルク・ホーガンは先日、米国日刊紙『The Buffalo News』の取材に応じた際、以前より噂されるWWE復帰について答えた。彼の復帰に関するニュースは定期的に報じられており、ホーガン自身は今でもWWEに復帰したいと考えている。

「ホームランを打つまでは、それをホームランとは言わないだろ。話の全てが、今にも起こりそうとか噂話。”たぶん、もしかすると、そうかも”とかな。WWEというホームに戻るまでは、ホームに戻ったということにはならない。願わくばいつかホームに戻り、家族やレスラーたちや自分の愛する人たちと共にいたい。俺はただただ本当にそうなることを願っているよ」

WWEは、ホーガンが過去に人種差別発言を行っていたとして、2015年7月に契約を終了。彼の復帰に関して、WWEはこれまでに何度も声明を発表しており、今月上旬の時点では「ホーガンは現在、WWEと契約していない」と伝えている。