アルベルト・エル・パトロンが明かす、”IMPACT vs. LU”欠場の理由とは。

711

インパクト・レスリングは先日、アルベルト・エル・パトロンとの契約解除を発表。契約解除が発表される直前、彼は”インパクト・レスリング対ルチャ・アンダーグラウンド”をテーマとした興行を欠場していた。

当事者であるアルベルトは『スポーティングニュース』の取材に応じた際、欠場の理由は家族に関係する出来事があった為であると話した。

「家族の問題に目を向ける必要があったんだ。知っての通り、家族や子供が最優先。彼らに関係した出来事だったからね。やるべきことである家族の問題に対処すると決めたんだ。それが今回の一件。今言ったようにね。皆が全てを知りたがっているのは分かってる。今回の件は家族に関係したもの。両親であり自分自身であり子供に対するものだよ」

アルベルト・エル・パトロンは以前より、数年以内での引退を示唆している。ビンス・マクマホンの”お気に入り”としてWWE復帰も噂された彼だが、今でも引退に対する考えは変わっていないようである。

「自分がしようと思ったことをするよ。皆も知ってるように、来年にはプロレスリング業界を去るつもり。これについては何度も言ってる。皆、物事に対して首を突っ込めると思っているようだからね。全てを知る権利がある?無いよな」