タミーナ、手術を受け欠場か。長期離脱の可能性も。

402

戦線離脱なのか。『Wrestling Inc』はタミーナが先日、回旋筋腱板(ローテータカフ)の修復手術を行ったと伝えた。

記事によると、タミーナは先月開催された『ロイヤルランブル』に負傷した状態で出場。その二日後に手術を受けた。彼女がPPVを除き最後に試合を行ったのは、1月2日放送の『スマックダウン・ライブ』。カーメラ、ナタリアと組みライオット・スクワッドと対戦し、チームは敗北した。

タミーナはウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチ開催前に一時、プロモーション素材から外されたが、その後再び掲載された。試合には7番手で出場、早い段階でリタに敗退させられた。

復帰時期については明らかになっていない。負傷箇所はジェフ・ハーディーと同じであるとみられ、通常は復帰までに術後6~8ヶ月間を要すると言われている。WWEからの正式な発表が待たれる。