セリーナ・ディーブ、WWEでの新たな役割とは。

694

セリーナ・ディーブはWWE.comとの取材の中で、自身がWWEパフォーマンス・センターのコーチとして雇用されたことを明らかにした。

セリーナ・ディーブは現在、女性タレントへの指導を行っており、サラ・アマート(サラ・デル・レイ)と共に活動。最終目標は自身の授業を受け持つことであると伝えた。さらに、彼女は『メイ・ヤング・クラシック』出場後の秋、コーチとなる為のトライアウトを受け、その後すぐさまオファーを受けたと話した。

彼女はコーチとなったことに対して「とてもワクワクしているわ、本当に。でも少しプレッシャーもあるわね」と語り、「私達(コーチ同士)は長い間お互いを知っていたし、ロッカールームや社内で多くの時間を共に過ごしていたの。意見が交錯することもたくさんあるけど、それぞれのコーチがユニークな取り組みを行っているわ」と伝えた。

将来、彼女の指導を受けたWWEスーパースター誕生の日が楽しみである。