WWE、2017年第4四半期決算発表。売上高9%増、WWEネットワーク有料加入者数148万人。

1159

WWEは米国時間2月8日、2017年第4四半期(10~12月期)の決算を公表した。同社の発表によると、売上高は2億1160万ドル。前年同期の1億9490万ドルと比べ9%増となった。

WWEネットワーク有料加入者数は、前年同期と比べ増加の平均148万人となった。2017年の1年間を通しては、無料加入者7万6000人を含めると平均153万人となった。2018年第1四半期(1~3月期)では、有料加入者が平均153万人になると、WWEは予想した。

2017年は売上高8億100万ドルを記録し、過去最高となった。WWEのYouTubeチャンネルはスポーツ・チャンネルの中で最も多く視聴され、全体でも2番目に多く視聴された(2018年1月31日時点)。Forbesは”世界で最も高価値なスポーツ・イベント10選”に『スーパー・ボウル』、『オリンピック』、『FIFAワールドカップ』等と共に『レッスルマニア』を挙げた。