エリミネーション・チェンバー・マッチに出場する者は誰か。負傷による計画変更もあり得るのか。

272

次回RAW単独PPV『エリミネーション・チェンバー』では、6名の出場者によるエリミネーション・チェンバー・マッチが計2試合行われるが、同試合に出場する人物は誰なのか。

レスリング・オブザーバー・ニュースレターでデイブ・メルツァーは、ローマン・レインズ、セス・ローリンズの出場が予定されていると伝えた。ジェイソン・ジョーダンの出場も予定されていたが、負傷により計画は変更される可能性がある模様。メルツァーは、ジョーダンが負傷している箇所は首であり、握力に影響を及ぼしていると伝えている。セス・ローリンズに関しては、背中に問題を抱えているとみられ、このまま出場を続けるのかは不明。

女子に関しては、史上初のウィメンズ・エリミネーション・チェンバー・マッチが同PPVで行われるが、既にアレクサ・ブリスの保持するRAWウィメンズ王座を懸けた戦いになることが発表されている。その他の出場者に関しては現時点で発表に至っていないが、レスリング・オブザーバー・ニュースレターrは、その他の出場者として地元広告にナイア・ジャックス、サーシャ・バンクス、ベイリー、ソンヤ・デヴィル、マンディー・ローズの名が掲載されていると伝えている。

RAW単独PPV『エリミネーション・チェンバー(2018)』は現地時間2月25日、ネバタ州ラスベガスにあるT-モバイル・アリーナにて開催。『レッスルマニア 34』開催前最後のRAW単独PPVとなる。