US王座挑戦者、元々の予定はドルフ・ジグラーか。

356

『ロイヤルランブル』ではUS王座オープン・チャレンジが開催され、モジョ・ローリーが挑戦者として現れたが、元々予定されていた挑戦者は違う人物だったのか。

PW Insiderによると、元々US王座オープン・チャレンジで登場する予定であった人物はドルフ・ジグラー。しかし、週末のうちに変更され、彼はロイヤルランブル・マッチに出場することになった模様。同記事では、ドルフ・ジグラーは次回『スマックダウン・ライブ』に登場予定、おそらく彼はボビー・ルードとのストーリーを展開するとも伝えている。

ドルフ・ジグラーは昨年の12月、『スマックダウン・ライブ』放送中に、当時保持していたUS王座ベルトをリング中央に残してその場を去り、同王座返上を匂わせる行動に出た。その後、GMのダニエル・ブライアンは、彼が王座を返上したとみなした。『ロイヤルランブル』では30番手に登場し、約1ヶ月ぶりに復帰を果たした。