【PPV結果】WWE ロイヤルランブル(2018)後編|歴史が創られる、再び。

719

現地時間1月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるウェルズ・ファーゴセンターにて、WWE主催PPV『ロイヤルランブル(2018)』が開催された。本PPVは、RAW&スマックダウン共同開催。放送後半にはウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチ、ユニバーサル王座戦などが行われた。

※放送前半部分はこちら。前座番組『KICKOFF』はこちら


RAWタッグチーム王座戦|セス・ローリンズ&ジェイソン・ジョーダン対シェイマス&セザーロ

本日4試合目はRAWタッグチーム王座戦、王者セス・ローリンズ&ジェイソン・ジョーダン対ザ・バー(シェイマス&セザーロ)の一戦となった。試合はジェイソン・ジョーダンがリングポストに頭を打ち付け戦線離脱状態。

セス・ローリンズにとって苦しい展開が続くも、何とか持ちこたえる。しかしジェイソン・ジョーダンがリングに戻ることはなく、シェイマス&セザーロ有利は変わらない。最後はザ・バーがセス・ローリンズに合体技を決めて1、2、3。新RAWタッグチーム王座が誕生した。


WWEユニバーサル王座戦|ブロック・レスナー対ブラウン・ストローマン対ケイン

本日5試合目はWWEユニバーサル王座戦、王者ブロック・レスナー対ブラウン・ストローマン対ケインのトリプル・スレットマッチ。試合はチェアーやテーブルが登場するなど予想通り激しい展開。ケインはチョーク・スラム、ブラウン・ストローマンはテーブルへのランニング・パワースラム、ブロック・レスナーは実況席へのF5をみせる死闘となる。

死闘を制したのはブロック・レスナー。ケインへF5を決めて勝利を収めた。ブロック・レスナーが見事、WWEユニバーサル王座防衛に成功した。試合後、「俺はお前にピンされてねえ」と叫んだのはブラウン・ストローマン。彼はまだエネルギーが有り余っている様子。


30-WOMAN ロイヤルランブル・マッチ

PPV『ロイヤルランブル』のメイン・イベントを飾るのは、史上初の試みである女子によるウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチ。女優マリア・メヌーノスがリングに上がりステファニー・マクマホンを紹介。彼女がアナウンス・チームに加わった。アレクサ・ブリス、シャーロット・フレアーもリングサイドに陣取った。

1番手で登場したのはサーシャ・バンクス2番手で登場したのはベッキー・リンチ。フォーホース・ウィメンのメンバー対決により試合は開始された。3番手サラ・ローガン、4番手マンディー・ローズと同時期にメインロスター昇格を果たした両者が登場した。

5番手リタ、サプライズ枠となり大歓声を受けた。彼女はマンディー・ローズを敗退させた。6番手カイリ・セイン、対戦相手を次々となぎ倒しリングで暴れ回った。7番手タミーナ。このタイミングでリタがツイスト・オブ・フェイト連発。さらに代名詞ムーンサルトを決めた。会場からは”You still got it”(まだまだイケる)と声援が送られるも、リタ、さらにタミーナ共に敗退。

8番手デイナ・ブルック。ここでカイリ・セインは敗退。9番手トリー・ウィルソン、サプライズ枠となった。彼女はデイナ・ブルックを敗退させた。10番手ソンヤ・デヴィル、彼女はトリー・ウィルソンを敗退させた。11番手リヴ・モーガン12番手は元ハードコア王者モーリー・ホーリー、サプライズ枠となり、大歓声を受けた。

13番手ラナ、”ルセフ・デイ”チャントが発生し大人気。14番手ミシェル・マクール、サプライズ枠となり、リヴ・モーガンらを敗退させ大暴れ。15番手ルビー・ライオット16番手ヴィッキー・ゲレロ、”Excuse Me!!”と会場を沸かせるも、すぐさま敗退。17番手カーメラ、彼女はリングイン前にヴィッキー・ゲレロの攻撃を受けた。18番手ナタリア、彼女はリングイン前にカーメラの攻撃を受けた。

19番手は元WWEディーヴァズ王者ケリー・ケリー、すぐさま敗退させられそうになるも、なんとか耐えた。20番手は”FEEL THE GLOW”ナオミ。このタイミングでベッキー・リンチが敗退。21番手はWWE殿堂者ジャクリーン、サプライズ枠となった。22番手ナイア・ジャックス、ジャクリーンやケリー・ケリーなど複数人敗退させた。23番手はNXTウィメンズ王者エンバー・ムーン、”NXT”チャントが発生し大歓声を受けた。

24番手ベス・フェニックス、ナイア・ジャックスとリング上で激しい戦いを披露した。25番手アスカ、彼女の独壇場となった。アスカとエンバー・ムーンの対立にファンは熱狂した。
26番手ミッキー・ジェームス27番手ニッキー・ベラ、復帰を果たした。”John Cena Sucks”(ジョン・シナ最悪)チャントが発生した。28番手ブリー・ベラ、ベラ・ツインズが揃った。会場では”YES!”チャントが発生した。

29番手ベイリー。最後の30番手で登場したのはトリッシュ・ストラタス。彼女の登場に会場は大いに沸いた。トリッシュ・ストラタスはベラ・ツインズにダブル・ストラタスファクションを決めた。彼女とミッキー・ジェームスの対立に会場は熱狂した。ナイア・ジャックスは出場者が結託し敗退させられた。ベイリーはサーシャ・バンクスが場外へ落とし敗退。

次々と敗退車が出る中、最後の4人に残ったのはアスカ、サーシャ・バンクス、ブリー・ベラ、ニッキー・ベラ。会場にはアスカへの声援が飛び交った。4人の中でまず敗退したのはサーシャ・バンクス。これによりベラ・ツインズ対アスカの構図に。しかし、ニッキー・ベラはブリー・ベラを場外へ落とし、最後の二人はアスカとニッキー・ベラ。両者エプロン際での攻防に発展。攻防の末、最後までリング上に立ち続けたのはアスカ。アスカが見事、史上初のウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチを制した。


最後のサプライズ、ロンダ・ラウジー現る

ウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチ終了後、リング上にあがるアスカ、シャーロット・フレアー、アレクサ・ブリスの前に姿を見せたのは、ロンダ・ラウジー。彼女が最後の最後にサプライズ登場を果たした。ロンダ・ラウジーが向かう先は業界最大の祭典。『レッスルマニア 34』サインを指差した。


4試合目~メインイベント

RAWタッグチーム王座戦マッチ
セス・ローリンズ&ジェイソン・ジョーダン(c)&シェイマス&セザーロ
勝者: シェイマス&セザーロ(王座移動)

WWEユニバーサル王座戦|トリプル・スレットマッチ
ブロック・レスナー(c)対ブラウン・ストローマン対ケイン
勝者: ブロック・レスナー(王座防衛)

30-WOMAN ロイヤルランブル・マッチ
出場者: サーシャ・バンクス、ベッキー・リンチ、サラ・ローガン、マンディー・ローズ、リタ、カイリ・セイン、タミーナ、デイナ・ブルック、トリー・ウィルソン、ソンヤ・デヴィル、リヴ・モーガン、モーリー・ホーリー、ラナ、ミシェル・マクール、ルビー・ライオット、ヴィッキー・ゲレロ、カーメラ、ナタリア、ケリー・ケリー、ナオミ、ジャクリーン、ナイア・ジャックス、エンバー・ムーン、ベス・フェニックス、アスカ、ミッキー・ジェームス、ニッキー・ベラ、ブリー・ベラ、ベイリー、トリッシュ・ストラタス
勝者: アスカ