ロイヤルランブル・マッチを制したのはシンスケ・ナカムラ。業界最大の祭典へ向かう。

611

現地時間1月28日、WWE主催PPV『ロイヤルランブル(2018)』で行われたロイヤルランブル・マッチは、シンスケ・ナカムラが勝利を収め、初出場ながらも出場者30名の頂点に輝いた。

勝利を収めたシンスケ・ナカムラは、14番手で登場。最後の4人には彼を含めたジョン・シナ、ローマン・レインズ、フィン・ベイラーが残った。最後はローマン・レインズと一騎打ちとなるも、場外へ落とすことに成功。見事、『レッスルマニア 34』へのチケットを手にした。シンスケ・ナカムラが業界最大の祭典で王座戦に臨む。

彼は試合後、リング上で『レッスルマニア 34』での対戦相手について尋ねられた際、AJスタイルズの名を出した。この発言に観客は歓喜。シンスケ・ナカムラ対AJスタイルズの一戦が『レッスルマニア 34』で実現するか。