アスカ、史上初のウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチを制す。行く先は『レッスルマニア 34』。

571

現地時間1月28日、WWE主催PPV『ロイヤルランブル(2018)』で行われたウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチは、アスカが勝利を収め、出場選手30名の頂点に輝いた。

勝利を収めたアスカは、25番手に登場。最後の4人には彼女を含めたサーシャ・バンクス、ニッキー・ベラ、ブリー・ベラが残った。最後はニッキー・ベラと一騎打ちとなるも、エプロン際での攻防の末、場外へ落とすことに成功。見事、史上初のウィメンズ・ロイヤルランブル・マッチを制した。

これにより、アスカは4月に開催される『レッスルマニア 34』での王座挑戦権を獲得。業界最大の祭典で大試合に臨む。彼女が狙うのはRAWブランド、スマックダウン・ブランドのどちらなのか。