『RAW 25』、米人気司会者ジミー・ファロンの到着が遅れ脚本変更か。

400

『RAW 25』では、『ザ・トゥナイト・ショー』の司会を務めるジミー・ファロンの会場入りが遅れ、脚本の書き換えがあったようである。米スポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』が伝えた。

記事によると、『RAW』GMセグメントを含むジミー・ファロンの舞台裏セグメントが計画されていたが、ジミー・ファロンの到着が遅れた為、舞台裏での事前収録が出来ず、最終的には”イントロダクション”と”観客の声援に応え手を振る”という内容に変更された。

また、ジミー・ファロンの到着の遅れとは関係ないが、『RAW 25』ではバークレイズ・センターにて、エンツォ・アモーレとゴールダストの対立が予定されていたが、エンツォ・アモーレはその日に出場停止が決定。ダッドリー・ボーイズの餌食となったヒース・スレイターだったが、もともとはエンツォ・アモーレの役回りだったとみられる。