2017年、WWEで”最も勝利 or 敗北” “最も試合に出場”したスーパースターは誰か。

847

2017年にWWEで最も勝利 or 敗北したスーパースターは誰なのか。さらに、最も多くの試合に出場したのは誰なのか。『レスリング・オブザーバー・ニュースレター』によると、一年間を通しての結果は次のようになった。

まず、昨年最も多くの試合で勝利したのはディーン・アンブローズ。彼は144試合に勝利した。次にシンスケ・ナカムラが、131試合に勝利。さらにセス・ローリンズが127試合、AJスタイルズが117試合、ローマン・レインズが116試合に勝利した。

続いて、最も多くの試合で敗北したのはナタリア。彼女は131試合で敗北した。次にナイア・ジャックスが、128試合で敗北。さらにカーメラが125試合、ジンダー・マハルが124試合、エイデン・イングリッシュが123試合で敗北した。

最後に、最も多くの試合に出場したのはジンダー・マハル。彼は185試合に出場した。次にバロン・コービンが、179試合に出場。さらにサミ・ゼインが178試合、シャーロット・フレアーが173試合に出場した。

2004年以降、最も多く試合をこなしたのはダニエル・ブライアン。彼は2013年、232試合に出場した。次にシェイマスは、2012年に220試合。ローマン・レインズは2015年に219試合に出場した。

補足として、勝率でみるとアスカが100%を記録。逆に0%を記録したのはカート・ホーキンスであった。