サーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、アブダビにて歴史的偉業を成し遂げる。

881

現地時間12月8日、アブダビにて開催された『WWE LIVE ABU DHABI』で、サーシャ・バンクスとアレクサ・ブリスはRAWウィメンズ王座戦を行い、歴史的偉業を成し遂げた。アラブ首長国連邦で女性が試合を行うことは、WWEにとって史上初の出来事となった。

サーシャとアレクサの両者はフル・ボディー・スーツを身にまとい試合に出場。WWE.comによると、試合中に観客の男女は”This is hope”(これは希望だ)チャントで会場を包んだ。

サーシャは試合後、WWE.comに涙ながらにこう語った。「アナウンサーがウィメンズ・マッチをアナウンスした瞬間、観客の声が聞こえてきた。リングに立った瞬間、小さな女の子が目に入ったの。全てが価値あるものになった。使命感に駆られたみたいだったわ。世界を変えたい。女性に力を与えたい。そして夢は終わらない、なんでもできるということを伝えたいわ。」

彼女は続けてこう語った。「長い道のりだった。WWEとしてだけではなく世界にとっても。一生忘れることはないわ。ファンには感謝しきれない。今夜、彼らは私を感動させてくれた。」