【ニュース】あのカップルが破局、”アイコン”対”アイコン”、ハーパーの早期離脱、など。

631

本記事【ニュース】に掲載している内容の一部につきましてはWWE、及びその他の団体、関係者等における公式発表ではありません。一部、業界内の噂話として参考程度にご覧ください。

ペイジとアルベルト・エル・パトロン、破局

以前より交際していたペイジとアルベルト・デル・リオの名で知られていたアルベルト・エル・パトロンが破局した。アルベルトが出演したコナンのポッドキャスト番組『KEEPIN IT 100 WITH KONNAN』内で明らかにした。アルベルトによると互いに多忙なスケジュールの為、会えなくなることが理由の一つ。さらにメディアや周りの人々から付きまとわれることに疲れたと語った。ペイジも先月中旬頃に、スナップチャット動画内で「私はシングルなの」とだけ発言し、破局したのではないかと噂されていた。

ハルク・ホーガン、ザ・ロックに再戦を要求

ハルク・ホーガンがザ・ロックに再戦を要求した。流れはザ・ロックが1984年のマディソン・スクエア・ガーデンでのホーガンとの出来事を振り返るツイートをし、これにホーガンが返信した。ホーガンは再戦に関して”真剣だ”とも付け加えている。”アイコン”対”アイコン”は再び実現するのか。

ルーク・ハーパー、ツアー早期離脱のワケ

先週木曜日にルーク・ハーパーは、ペルーのリマからツアーを早期離脱しアメリカへ帰国。『PW Insider』によると、理由は彼の妻の陣痛が早まり出産に立ち会うため。次回『スマックダウン・ライブ』で彼が登場するかどうかは不明だが、追加の代休を与えられ欠場してもおかしくはない。

元WWEウィメンズ王者キャンディス・ミシェル、引退

元WWEウィメンズ王者キャンディス・ミシェルが2日、HOH主催LIVE『ハウス・オブ・ハードコア 36』で引退試合を行った。彼女はWWEでも共に働いたビクトリア(リサ・マリー・バロン)と対戦。最後の試合を勝利で飾った。彼女が試合を行ったのは2009年にWWEを退団して以来、実に8年半ぶりとなった。