ウィメンズ・ロイヤルランブルは2018年に実現するのか、しないのか。

556

前回の『RAW』『スマックダウン・ライブ』でNXT勢を同時に5名昇格させたことにより、来年1月の『ロイヤル・ランブル』で、女子スーパースターによるウィメンズ・ロイヤルランブルが開催されるのではないかと憶測が飛び交った。

そんな中、デイブ・メルツァーや『Pro Wrestling Sheet』の情報提供元は先日、同試合に関する計画に動きは見られないと伝えたが、英タブロイド紙『ザ・サン』は違う見方をしている。同紙はウィメンズ・ロイヤルランブルが開催されるとみている。

同時に『ザ・サン』は、ウィメンズ・ロイヤルランブルではロンダ・ラウジーが優勝し、『レッスルマニア 34』でのシャーロット・フレアーとの一戦に繋がる可能性があると推測している。

更に、ロイヤルランブルに出場するのは30名だがウィメンズ・ロイヤルランブルは、これより少なくなるとみている。現在、RAW&スマックダウンの両ブランドを合わせて女子は21名(アクティブ・ロスター)。もし、開催される事になっても出場者は20名など規模は縮小されるか。

2018年にウィメンズ・ロイヤルランブルは実現するのか、しないのか。RAW&スマックダウン共催PPV『ロイヤル・ランブル』まであと2ヶ月。